悪性のほくろはすぐに治療しよう|見分け方を紹介します

レーザー治療について

頬を触る人

コンプレックスとなっているほくろは、美容外科クリニックなどで除去していくのが1番です。以前まではメスを使用した切開や切除法で治療をしていましたが、最近ではレーザー治療を行なうところが増えています。レーザー治療では、実際に除去をするメリットも多くておすすめの治療方法となっていますよ。そこで、レーザー治療でのほくろ除去について知識を深めていくと良いですよ。まず、レーザーの種類から把握していきましょう。レーザー治療と言っても、実は様々な種類があります。そのうちの1つに炭酸ガスレーザーがあり、これはほくろの細胞を一瞬で蒸発させる性質を持っていますよ。次にQスイッチレーザーがあります。黒い色のみ反応するという性質で、ほくろの色を段々と薄くしていきます。治療を重ねていってほくろを除去していくでしょう。1回の施術では完璧に除去することは難しいですが、それでも人気の高い治療法となっています。最後にダイオードレーザーがあります。このレーザーは除去以外にも脱毛などで使用されており、Qスイッチレーザーと同様に黒い色に反応します。熱を利用してほくろを蒸発させていくことが出来ますよ。

レーザー治療でほくろを除去した後は、アフターケアとして1週間ほど患部に保護テープや絆創膏を貼って過ごします。このときにもう大丈夫だろうと思って勝手に保護テープをはがすのは、仕上がりに影響してくるのでやめましょう。ちゃんと医師に相談して指示に従うべきですよ。なお、きちんとアフターケアをしていればちゃんと回復して綺麗な仕上がりになるので安心してください。そんなレーザー治療ですが、どのようなほくろに向いているのでしょうか。それは小さいサイズのほくろや表面が丸く盛り上がっているものが適していると言われています。このようなタイプだと1回の施術で完璧に除去することが可能ですよ。もし、レーザー治療を用いて除去をしたいと思った場合は、迷わずに美容外科クリニックに行きましょう。そこでカウンセリングをして、ほくろの状態を診察しながらあなたに適している除去を提案してくれます。その際に、レーザーに関する知識を持ち合わせていたら色々な選択肢が増えるので便利ですよ。

Back to Top