悪性のほくろはすぐに治療しよう|見分け方を紹介します

治療方法を把握する

鏡を見る女性

もし目立つ部分にほくろが発生している場合は、美容外科クリニックや皮膚科などで除去治療をしてもらいましょう。ほくろはシミやそばかすと異なってメイクで隠すことが出来ないので、完全に消したいと思ったら除去する以外方法がありません。除去治療をする場合は、事前に治療方法などを把握しておくと便利ですよ。そのため、治療についてチェックしていきましょう。上記にもありますが、ほくろは美観的な目的でも美容外科クリニックに行くことで問題なく治療することが出来ます。以前まではメスを用いての切開と切除が一般的な方法でしたが、最近ではほくろ除去の技術も進化していきレーザー治療や電気メス、ほくろクリームなどの方法が登場しました。色々な施術法が出来たということで、患者も治療の選択肢が大幅に広がったのです。また、これらの治療はそれぞれ特徴があるので人によっては向き不向きがあります。なので、それぞれの治療法を確認していき、自分に適した方法でほくろを除去していくことが大事でしょう。

ほくろの除去治療の中でも特にメジャーなのが、レーザー治療になっています。レーザー治療では、ほくろ除去以外にもニキビやシミ治療にも効果を持っている特徴がありますよ。レーザーでほくろを除去する場合は、主に5ミリ以下の平らなほくろが最適だと言われています。また、複数のほくろを一気に除去したい場合もこのレーザー治療が好まれています。通常のほくろを除去したい場合は、レーザー治療で問題ないでしょう。次に昔からある方法に切開法があります。レーザー治療では除去するのに困難と診断されたものや大きく盛り上がっているもの、大きさが5ミリ以上あるほくろはこの切開法で除去していきます。切開法ではメスを使用して取り除いていき、除去後は真皮と表皮を縫い合わせて施術終了になります。単純な施術となっていますが、美容外科クリニックや皮膚科でする治療の中では、最も綺麗に除去することが出来ますよ。そのほかにもほくろ除去にはいろいろな方法があるので、それぞれ確認していくことをおすすめします。綺麗に除去をしたい場合は自分のほくろの状態を確認して、適した治療法を選んでいきましょう。

Back to Top