悪性のほくろはすぐに治療しよう|見分け方を紹介します

アフターケアが大事です

医者

無事にほくろを除去できたとしても、そのあとのアフターケアも重要となってくるので気を付けていきましょう。ほくろの除去治療をしたあとに、まず気を付けてほしいことは紫外線になります。紫外線はほくろの元となるのできちんと対策を取る必要がありますよ。ほくろはメラニン色素から作られています。その結果、紫外線を浴びることでほくろが発生してしまうでしょう。除去治療をした後はなるべく紫外線に当たらないように心がけることです。日焼け止めクリームや日傘の使用をおすすめします。次にほくろ除去治療後は何かしら薬が処方されるので、用法用量をきちんと守ることも重要ですよ。なお、処方される薬の中には紫外線の影響を抑えてくれるクリームや軟膏もあるので、しっかりと塗りましょう。より綺麗な仕上がりにするためにも、薬を継続して使用していくことは欠かせません。

治療後の患部は傷になっています。その傷を悪化させないためにも、刺激を与えないことです。もし、刺激を与えてしまったらせっかく除去したほくろを悪化させてしまう恐れがあるので注意が必要でしょう。また、刺激してしまいほくろが悪化してしまったら、悪性タイプに変わる場合があります。そのため、刺激を与えずに十分にメラニン色素を排出していくことがポイントになります。このように、ほくろを治療した後も注意してほしいことがたくさんあります。除去して終わりではなくて、綺麗に完治させるためにもアフターケアの方に力を入れていく必要があるでしょう。これらのことをしっかりと理解しておき、ほくろの除去に臨んでいくと良いですよ。

Back to Top